画像

脳梗塞に注意

40代・50代以降は加齢や女性ホルモンの減少などによって、様々な病気のリスクが高まります。
あらかじめプロポリスなどを摂取して、血管や血液、内臓などのエイジングケアをするのが大切。
放置してしまうと、メタボリックシンドロームや高血圧などの生活習慣病から動脈硬化を引き起こしてしまうことになりかねません。
さらには、脳梗塞などの重病も引き起こされるリスクが高まります。

また、最近では30代・40代でも若年性脳梗塞が増えているので注意が必要です。
しっかりと対策を考えておくことが重要になるでしょう。

具体的な対策としては、生活習慣を見直すことが一番!
まずは運動不足を解消するところから始めましょう。
運動不足は血中のコレステロール値を高める最大の原因と考えられています。
コレステロール値が高まると、血液の粘度が高くなり、いわゆるドロドロ血液という状態になってしまうのです。
こうなると、血行が悪くなってしまうというデメリットが生じます。
血行が悪くなると、身体の細胞に十分な栄養素や酸素が行き渡らなくなり、身体のめぐりの悪化につながってしまいます。
悪影響はそれだけではありません。
ドロドロ血液は血管に負担をかけることになってしまいます。
血管にダメージがかかりやすくなり、結果的に血管は硬く厚くなってしまいます。
そして最後には動脈硬化が引き起こされるのです。

これが脳梗塞の直接的な原因となってしまう訳ですね。

もちろん運動不足だけがドロドロ血液や動脈硬化の原因という訳ではありません。
塩分の高い食事や油分や脂質の摂り過ぎなども問題です。
運動不足の解消だけでなく、食事習慣の見直しも考えておきたいものです。
野菜や果物などを沢山食べて、食物繊維や抗酸化作用を体内にしっかりと摂り入れましょう。

脳梗塞とは

脳梗塞は様々な原因によって、脳の動脈が詰まってしまう病気。
脳の血管が詰まったり、破れて出血してしまう脳血管障害のうち、突然にマヒしたり痺れが生じるなどの神経症状が出る症状を脳卒中と言います。
その中でも血管が破れるタイプを出血性脳卒中、血管が詰まるタイプを虚血性脳卒中と呼びますが、後者こそが「脳梗塞」そのものです。

プロポリスを摂取することで、抗酸化作用を体内に取り込み、根本的な部分から予防することも可能です。
同時に先述した様な運動不足の解消や食習慣の見直しなども意識しましょう。
それによって、脳梗塞のリスクをしっかりと抑えることが可能になります。

メイントピックス
Main Menu

お奨めアイテム
Item List

プロポリス300
ハニーラボスキンケア
プロポデンタルEX
  • 薬院オーガニックのプロポリス
  • 赤水晶

その他の記事
Other Topics