画像

更年期と向き合う

プロポリスには様々な効果がありますが、その中でも最近注目されるようになったのが更年期の不定愁訴に対する働きです。
これは特にレッド系の原材料を使用している場合に発揮されるものですが、女性ホルモンと同じ働きを体内で担ってくれるエストロゲン様作用という機能をイソフラボンに期待することができます。
レッド系はイソフラボンを豊富に含んでいるので、それによってホルモンバランスを整えることができるのです。

そもそも更年期とは、ライフステージの呼び方の一つ。
それ自体が「良くないこと、心が不安定になること」とイメージされがちですが、実際はそんなことはありません。
しっかりと自分の身体と向き合い、変化を緩やかなものにしてあげれば、アクティブでイキイキとした生活を送ることは簡単です。
だからこそ、プロポリスをはじめとするサプリメントを上手に活用したいところ。
また、どんな症状があるのかなどの基本的なポイントをしっかりと理解しておくことも大切です。

更年期に不定愁訴が起こりやすいのは、女性なら閉経に伴い急激にホルモンバランスが乱れるから。
閉経で女性ホルモンの分泌量が一気に落ちてしまうのです。
それをエストロゲン様作用などで支えてあげることが大切です。

一昔前までは、更年期に関する知識は大学の医学部でも大切に扱われていなかった分野でした。
しかし、平均寿命がどんどん伸びている昨今、どのライフステージにおいてもQOLをしっかりと底上げする必要が出てきたことから、今では非常に重要視されています。
もちろん、知識も手に入れやすくなっていますから、積極的に調べてみましょう。

また、閉経によって失われる女性ホルモンは肌や粘膜、骨、筋肉、各臓器、脳、神経系などなど。
身体中様々な場所で活躍しているものです。
それが急減してしまうのですから、身体に不調が引き起こされるのは当たり前。
それに対して、どんな対策を講じるかが問題になります。

顔がほてる、汗をかきやすくなったといった症状があらわれ始めたら、しっかりとプロポリスなどで改善策を講じる必要があるでしょう。
また、腰や手足が冷える場合も前兆なので、注意が必要です。
その他の代表的な症状としては、息切れや同期、寝つきの悪さ、睡眠の質の低下などが挙げられます。
頭痛や目眩、吐き気などが生じることもあるでしょう。
肩こりや腰痛なども更年期障害の影響によって引き起こされているものかも知れません。

心に負担がかかりやすくなるというのも覚えておきたいポイント。
怒りやすく、すぐにイライラしてしまったり、憂鬱な気分になりやすく、クヨクヨしがち・・・。
そんな場合も対策が必要でしょう。
心身ともに疲れやすいのもホルモンバランスの乱れが関係して引き起こされることです。
いずれの症状に対しても、エストロゲン様作用でホルモンバランスを整えるのは有効な手段。
ぜひプロポリスを活用して、更年期をイキイキと過ごせるように工夫してみてください。

メイントピックス
Main Menu

お奨めアイテム
Item List

プロポリス300
ハニーラボスキンケア
プロポデンタルEX
  • 薬院オーガニックのプロポリス
  • 赤水晶

その他の記事
Other Topics