画像

生活リズムの基本知識

プロポリスを摂取することによって得られる効果は沢山あります。
肌をキレイにしたり、アレルギー性疾患を改善したり、身体の外から入ってくるウイルスや細菌をやっつけたり。
メタボリックシンドロームや高血圧をはじめとする生活習慣病の予防や改善への効果もあります。

それらの実感を得る為には、何よりも継続的にサプリを摂取することが必要不可欠です。
飲み忘れを極力減らして、数か月というスパンで長く続けていく意識が大切。
一日・二日で結果が出るものではないことを理解して、長く続けていけば「あまり満足できなかった」ということも減るでしょう。

また、気を付けたいポイントとして挙げられるのが生活習慣です。
いくらプロポリスを摂取していても、毎日の生活がダラダラではアンチエイジングになりません。
最低でも食事・運動・睡眠の三つの基本を守って、毎日の生活を規則正しく過ごすように心がけてください。

そんな中で、まず第一に挙げられるポイントは朝の過ごし方です。
何かと慌ただしく時間が過ぎていく朝だからこそ、ちょっとした工夫一つで身体のコンディションを正しく調節してあげることができます。
特に気を付けたいのは朝ごはん。
医食同源という言葉の通り、食事は体をつくる基本であり、これが乱れてしまうとそれだけで身体は調子を崩してしまうことも。
若いうちは体力でカバーできる部分もありますが、40代以降は必ず朝ごはんを摂るようにしましょう。
朝食によって一日の始まりの合図が身体に伝わり、眠っていた身体にエンジンをかけてくれます。
エネルギーを補充することで、胃腸が動き出して、免疫力の向上にもつながります。

さらに、食事はゆっくり噛むこと。
朝ごはんだけではなく、昼でも夜でも同じことが言えます。
噛むことにょって身体に吸収されやすい形になり、エネルギーに変換されやすくなるのがメリット。
また、噛めば噛むほど旨み成分も溢れてきますから、美味しいという実感も得られるようになります。
その結果として、食べ過ぎを抑えることも可能。
ある意味では、ダイエットや痩せやすい身体づくりにも役立つと言えるでしょう。

その他に気を付けたいポイントとしては、食後の休憩時間。
特に夜は昼の活動モードから休息モードにシフトする時間帯でもあるので、食後は20分から30分程度しっかりと胃を休めましょう。
夜の食事はお酒や刺激物は控えめにするのもポイントですよ。
もちろん食後のお茶などはOK。
リラックスすることで身体の免疫力が向上し、プロポリスとの相乗効果も期待できるようになります。

以上のポイントを意識してみましょう。

メイントピックス
Main Menu

お奨めアイテム
Item List

プロポリス300
ハニーラボスキンケア
プロポデンタルEX
  • 薬院オーガニックのプロポリス
  • 赤水晶

その他の記事
Other Topics